神主gofumiの爆笑雑記ブログ

北海道釧路市厳島神社の神主gofumiのブログです。明日職場や学校で話せる面白い話を書いていきます。twitter@gofumi3

自殺を止めるたった1つの方法〜それは墓参りだよ〜

 こんにちは、神主のgofumiです。

 

さて、みなさん死にたいと思ったことありますか?

 

…突然重たく始まっちゃってすみません(笑)

 

ツライなー。もうやだなー。という時はありますよね。

 

今日はそんなあなたのための話です。

 

 

「アタシの人生なんだからあんたに関係ないじゃんッ!!」

 

…よく親子ゲンカでこういうこと言ったり、言われたりしたことありませんか?(笑)

 

 

 

…かくいう私も、高校生のときに進路で悩んで似たようなことを親に言ったことがあります。(反省)

 

神道の言葉で、「中今(なかいま)を生きる」という言葉があります。

 

 

どのような意味かというと…

 

「私たちが今生きている命は先祖から代々、リレーのようにつながっていて、受け継がれている命であり、自分の子孫に繋げていくもの」

 

「命は、自分のもののようであって、先祖から受け継がれている“借り物”なのである」

 

「過去を振り返っても悔やまずに、そしてこれからの未来を不安になり過ぎず、今この瞬間に目を向けて生きぬく」

 

 

「日本人ははるか昔の神様の時代から続いている世界で1番歴史が長い国。神様の時代から受け継がれてきた私たちの命を精いっぱい生きて、後の世代に受け継ぐということが大切」

 

 

…なるほど〜。深いですね〜。

 

 

ひと昔前ですが、『援助交際』が社会問題になったことがありました。

 

 

おっさんに体を売って、若い女性がお礼にお金をもらう、というものですね。

 

 

みなさん、自分の娘が援助交際してたらどうします?? 

 

 

「自分の体なんだから、売春したって別にいいじゃん!」

 

…と言われたらなんて言い返しますか?

 

ここで、『なかいま』の発想が大切なんですよ。

 

「あなたの親の親の親の親の…ずっと先の先祖から受け継いできた命なんだから、あんただけのものじゃないでしょ!」

 

「あなたの子どもが出来たら、その子どもの子どもの子どもの子どもの…ずっと子孫まであなたの命は受け継がれていくんだから、あなただけの人生じゃないのよ!」

 

…と、強く伝えてください。

 

「ずっと独身で生きていくし、関係ないわー!」

 

という娘さんもいるかもしれませんね。

 

そういう娘さんは、一緒に墓参りに連れていって下さい。

 

あ、あと、自殺したい人も、墓参りに連れてくとイイですよ。

 

 

なぜかというと…、

 

お墓のところに墓標(墓誌・墓碑)ってありますよね?

 

先祖の名前がヅラ〜っと書いてる石です。

 

この墓標をよ〜く見てください。

 

この墓標に書いてる名前は、全員ご先祖様ですよね?

 

自分の命が、ご先祖からずっと受け継がれてきた命なんだな〜。ということがこのヅラ〜っと並んだ名前を見ると想像できると思います。

 

そして、みなさん、想像して思い出してみてください。

 

…自分のおじいちゃんやおばあちゃんって、自分にすっごく優しくなかったですか?

 

…なにをしても許してくれるくらい、甘々だったりしますよね。

 

もういちど墓標を眺めてください。

 

ここに書いてるご先祖は全員があなたの味方です

 

そしてきっと、全員があなたに甘々で、可愛いな〜と思って見守ってくれています。

 

そんなご先祖を想像した上で、自殺しよーとか、援助交際しよーなんて、考えられますか?

 

120%悲しみますよね(笑)

 

神道では人は亡くなると神様になって、子孫を見守ってくれます。

 

今を精一杯生きていれば、ご先祖はフルパワーでみなさんを守ってくれます。

 

そんなことを想像すると、ちょっとしたトラブルなんかも、ご先祖様が守ってくれてるし、大丈夫と思えるようになります。

 

神主の私自身、お墓参りへのモチベーションがハンパじゃなく高いです!(笑)

 

お供え物とかもとても美味しそうなお菓子とか、美味しそうなお酒とかお供えし、節目節目に墓参りに行きます。

 

そうしておけば、ご先祖様も超フルパワーで守ってくれますよね…(下心丸出し)

 

でも、実際にご先祖様や神社の神様に熱心に感謝してお願いをしている人は、なんだかんだで助けてもらえます。 

 

「ご先祖様が悲しむし、これはやめておこう」

「神様のバチが当たるからこれはやめよう」

 

…という想像が出来なくなったら、人間は欲深く弱い生き物なので、何をしでかすかわかりません。

 

『想像力の欠如=思いやりの欠如』とも考えられると思います。

 

とりあえず私が主張したいのは1つだけ。

 

「自殺したり、自分や他人を傷つけたら、たくさんのご先祖様が悲しみからやめようね」

 

ということです(笑)

 

シンプルですけど、意外とご先祖様のこと、忘れがちですよね!

 

お墓参りに何年も行ってない方もいると思います。

 

お盆とかじゃなくてもいいので、最近いいことない人や、良いご縁がほしい方はご先祖に様にお願いしに行きましょう♫

 

「おぉー!来るの久々だな!どれどれ!お小遣い(ご縁)あげよう!」

 

という感じで、いいことあると思いますよ♫

 

ちなみに、「なかいま」のことをわかりやすく書いてある本が、元NHKアナウンサーで今神主をしている宮田修さんの「神道講話への誘い」という本ですっ!

 

オススメなので是非読んでみてください。

 

おしまい♫

また次回ッ!

 

↓人気投票受付中っ!

↓ここポチッてください♫

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村