神主gofumiの爆笑雑記ブログ

北海道釧路市厳島神社の神主gofumiのブログです。明日職場や学校で話せる面白い話を書いていきます。twitter@gofumi3

神主の不思議な体験談〜伊勢神宮で超ミラクルが起きたッ!の巻

f:id:gofumi:20191018005116j:image

こんにちは、神主のgofumiです。

 

さて、皆さんは神社で不思議な体験したことありますか?

 

 

先日、3泊4日で伊勢神宮参拝ツアーに行って来ました。

 

私がご奉仕している釧路国一の宮厳島神社の神主をはじめ、神社の役員さん達と総勢20名での旅行でした。

 

その旅行において、2つの奇跡的な事が起こりましたので、ご報告します(笑)

 

 

それでは、待ちきれない方もいらっしゃるかもしれないので早速ひとつめの出来事について発表します!(こら!せっかち神主!)

 

 

 

 

まず伊勢神宮への旅程ですが、午前中に外宮、午後に内宮へお参りに行きました。

 

 

午前中に外宮のお参りを済ませた我々は、昼食を内宮入り口のすぐ目の前のお食事処でいただきました。

 

 

お昼ごはんを食べている時に、窓の外を見ると…

 

「あれれ、なんか空雨降りそうじゃない?」

 

 

「本当ですね…天気予報では曇りなのですが…」

 

…これはまずい展開(笑)

 

 

そして10分後…

 

「土砂降りですね…」

 

「あちゃーーー…。」

 

私の願いは天には通じず、残念ながら大雨が降ってきました(笑泣)

 

食事を終えてお食事処の出口にいくと…

 

待ってました!(笑)

 

とばかりにビニール傘がたくさん売っていました。トホホ…。

 

「こりゃあこの傘買わないと行けないなぁ!」

「仕方ないねぇ!」

 

 

そう言ってビニール傘を購入する神社役員さんたちの目は、完全に失望している目でした。

 

「gofumiの神主の行いが悪いんじゃないのー?」

 

という目でみんな私を見ている気がしました(笑)

 

 

「ちょっと待ってください!みなさん!雨降ったのは僕のせいじゃないですからね!!(笑)」

 

「ハハハハハッ…(真顔)」

 

重い空気をなんとかしようとしましたが、私の渾身のボケは、スベりすぎて伊勢の広い空にかすかに消えて行きました…(笑)

 

そんな私に同行していた妻がこう言いました。

 

「ビニール傘、2本買うよね?私の分と、gofumiの分。」

 

土砂降りの雨なので、傘1人1本必要なのは間違いないのですが、

 

私はふとこう思ったのです

 

「…あれ…この雨、なぜかすぐ止む気がする…!!」

 

…直感的にそう思ったのです。

 

 

 

「え?こんなに雨降ってたら止まないでしょ(^◇^;)」

 

 

 

「傘買ったほうがいいんじゃない?(^◇^;)」

 

妻をはじめ、何人かにそう言われましたが、

自分の直感に賭けてみることにしました。

 

「この雨はきっと神様がわざと降らせているんだ!」

 

と、なぜか確信していました。

自分でも不思議なのですが、本当にふとそう思ったんですよ!!

 

雨が私たちに付いた悪いモノを流してくれているのだ、という気がしたのです!

 

 

そして、私は傘を買わずに、妻の傘に入れてもらい、内宮の方へ歩いていきます。(←結局傘入れてもらうんかーい!)

 

「ちょっと、傘入ってきたらアタシ濡れるじゃん!」

 

「なんで自分の分買わなかったの?!信じらんないっ!」

 

妻にそう激怒された私は、めげずにこう言い返しました。

 

「もうすぐ雨止むし!もう少し辛抱してよ!」

 

そう言いながら無理矢理妻の傘に頭と左半身を突っ込んで歩いていましたが、私の体がデカイので、右半身はびしょ濡れでした!(笑)

 

 

 

…そしてしばらく歩いていると…

 

(…ヤバイ…全然雨やむ気配ないじゃん…)

 

(このままでは、ちょっと考え方変わってるだけのイタイやつになってしまう…!(笑)

 

自信満々だった私は、だんだんなぜ傘を買わなかったのか後悔してきました…(笑)

 

 

…しばらく歩くと、内宮の入り口の鳥居に到着。

 

 

鳥居の前で、案内役の伊勢神宮の神主さんが出迎えてくれました。

「それではまず、鳥居の前で集合写真撮りましょうか!」

 

「みなさん、傘閉じてくださーい!雨も止んできましたよ♪」

 

 

…え?

 

 

 

 

…ええええええーーーっ?!

 

 

 

 

なんと、奇跡的に雨が止んだのです!!

 

「gofumi、すごいねー!本当に雨止んだね!」

 

「神主の勘が当たったなー!すごいなーgofumiよ!」

 

 

(ヤッタアあああー!!)

 

私は心の中でガッツポーズをし、褒め称えてくれた同行者の役員さんたちにこう言いました。

 

 

「…ゴホンッ。やはり、私の予想通りでしたねーー!いやー、よかったよかった!(ドヤ顔)」

 

f:id:gofumi:20191018005225j:image

なんとかメンツを保った私!

 

それにしても、写真撮る時に雨が止んだのでとてつもなくビックリしました。

 

常日頃思うのですが、神さまって、姿は見えないからこそ、何かしらの形で存在を示して下さることがよくあるんですよね。

 

あくまで私の考えなのですが…。

 

雨は浄化の意味があると言われています。

 

「神様がきっと、雨を降らせることで私たちを清め、神社境内も清めることで、私たちを歓迎してくれたんですね!」

 

 

(…ゾワーーーー)

 

私が同行者の皆さんにそう言った瞬間、全身に鳥肌が立ちました。

 

 

「gofumiよ!その通りじゃよ!フォッフォッフォッ」

 

この鳥肌は、神さまがそう言って下さっていることを意味していたのだと思います。

 

「そんなこともあるんだなぁ、gofumiよ!」

「不思議ねぇ。」

 

同行者も驚きを隠せません。

さすが日本人の総氏神さまである、伊勢神宮の神さま!別格だぜ!

 

写真を撮り終えた私たちは、伊勢神宮の神主さんに案内していただき、境内に入っていきました。

 

その先に、さらなるサプライズが待ち受けていることを、この時点で誰も知る由はなかった…。

 

次回に続くッ!